概要

ジャパンハートは「医療の届かないところに医療を届ける」を理念に、国内外で無償の医療活動を行う認定NPO法人です。2004年の設立以来、国、地域、人種、政治、宗教、境遇を問わず、全てのひとが平等に医療を受けることができ、 “生まれてきてよかった”と思える社会の実現を目指し活動しています。

 

1995年に小児外科医・吉岡秀人が単身ミャンマーで活動を開始して以来、国外ではカンボジアやミャンマー、ラオスなどの東南アジア諸国で、小児がん手術などの高度医療を含む治療を年間約35,000件実施しています。また、ミャンマーでは、HIV孤児や貧困により人身売買にかけられる可能性がある子どもたちに安全な生活と教育機会を提供する、児童養育施設Dream Trainも運営しています。このような東南アジアの子どもたちの非感染症疾患による死亡減少への貢献が認められ、昨年、国際連合UNIATF Award 2020を日本から唯一受賞いたしました。

国内では、小児がん患者家族の外出に医療者が同行するプロジェクトSmileSmilePROJECTを展開するほか、国内の「医療の届かないところ」として離島・僻地への医療者派遣、災害被災地への緊急救援事業も行っています。また、2020年4月からは新型コロナウイルス感染症対策として、全国88か所のクラスター現場へ医療チーム・のべ270名以上を派遣しているほか、全国600以上の福祉施設への感染予防指導等も継続して行っています(2021年9月末現在)。

医療の届かないところに医療を届ける。

by 特定非営利活動法人 ジャパンハート

  • 100,000 

    目標金額
  • 4,000 

    支援総額
  • 163

    残り日数
調達率 :
4.00%
最低額は 円 最高額は 円

ストーリー

Vision

すべての人が、生まれてきてよかったと思える世界を実現する。
Build a world where everyone can be grateful for the gift of life.

Mission

医療の届かないところに医療を届ける。
To deliver healthcare to medically-isolated areas
私たちは、出会えた一人ひとりの輝く人生のために、治療を超えた医療の可能性を追求し続けます。

世界には、医療が届きにくいところが4つあります。

1つは、貧困や医師不足に喘ぐ海外。
1つは、日本国内の僻地や離島。
1つは、病気と闘う子どもたちのこころ。
1つは、大規模災害を受けた被災地。

この4つの場所に医療を届けること。それがジャパンハートの仕事です。

 

プロジェクトの詳細

■海外事業
ジャパンハートはカンボジア、ミャンマー、ラオスの3カ国を拠点に海外医療活動を行っており、カンボジアには国内で唯一、無償で小児がんを治療する「ジャパンハートこども医療センター」があります。2020年度は新型コロナウイルス感染症やクーデター等の影響を大きく受け、各国それぞれ非常に厳しい状況下での活動となりましたが、困難な中でも歩みを止めず、3カ国合わせて25,497件の治療を行いました。また、現地での医療活動のほか、現地医療従事者の育成も行っています。私たちはこれからも、一人でも多くの命を救うため、できる限りの力を尽くし活動してまいります。

 

■グローバル人材育成
途上国と国内の離島・僻地での活動を通し、看護師・助産師という枠を越えて、“人間力の高い人材”を目指す研修を行っています。新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響により活動は制限されましたが、多くの研修生たちがクラスター支援や「令和2年7月豪雨」の災害支援に参加するなどしています。不便な環境の中で、できない理由や理屈を並べるのではなく、あるモノで何ができるかを考える力を養い、知恵をつける。自分の中の「当たり前」が当たり前でない世界で、自分の在り方まで問われることで、看護・助産実践能力のみならず人間力も身に着けるのがこの事業の目指すものです。

 

■国際緊急救援(iER)
2020年4月に国内史上初の「緊急事態宣言」が発令され、その一週間後に「#マスクを医療従事者に」プロジェクトを実施。これにより15,000名以上の方々から集まった1億5千万円を200万枚のマスクに替え、全国720箇所以上の医療/福祉機関に配布しました。また、熊本県を中心として九州各地に甚大な被害をもたらした令和2年7月豪雨の際には、発生から5日後には2箇所の避難所にて保健師業務のサポートを開始。後にサポート対象は計3箇所となり、多くの医療NPOが撤収していく中、約2か月間にわたる息の長い支援を行いました。現在も国内のコロナウイルス感染症緊急支援を中心に、医療現場の負担を軽減することに尽力しています。

 

■SmileSmilePROJECT
SmileSmilePROJECTでは、小児がんと闘う子どもたちとご家族が大切な時間を過ごせるよう、医療者付き添いの旅行サポートをしています。小児がんは日本では毎年約2500人の子どもが発症する病気ですが、その治療は日々進歩しており、約8割の子どもが治る病気となりました。しかし、副作用や長期に及ぶ入院生活、再発の不安など、闘病する子どもやその家族にとって身体的・精神的・経済的負担は計り知れません。「治療が終わったら家族で旅行に出かけたい」、「もう一度、思い出の場所に連れていきたい」。SmileSmilePROJECTは、そんな家族の思い出を作るお手伝いをします。

 

■地域医療支援
2018年に立ち上げた地域医療支援活動では、日本国内の離島・僻地で深刻な問題となっている看護師不足を解決するため、離島・僻地医療機関のための支援サイト「RIKAjob」を運用し、看護師の人材支援を実施しています。また、国際緊急救援(iER)事業でクラスター支援活動を開始したことに伴い、希望した看護師が平時は離島・僻地で働き、災害などが発生した際に支援活動に参加する仕組みである「災害支援スキーム」も構築しました。今後も感染症のクラスター発生や自然災害に対して迅速に看護師を確保し対応できるよう、RIKAjobと国際緊急救援(iER)事業の連携により、離島・僻地への人材支援と災害支援活動の安定的な人材確保の実現を目指していきます。

メッセージ

ジャパンハートへのご支援をご検討いただき、誠にありがとうございます。
皆様のご支援で活動をしてきたジャパンハートですが、世界にはまだまだ貧困に喘ぐ子どもたちや、医療が受けられず苦しんでいる人たちが多くいるのが現状です。そのような医療が届かない場所で失われてゆく「命」を一つでも多くつなぎとめるため、私たちジャパンハートはこれからも医療活動を行ってまいります。
皆様の温かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

特典

1,000 

お礼メール

0 支援者

3,000 

お礼メール

0 支援者

5,000 

お礼メール

0 支援者

10,000 

お礼メール

0 支援者