個人でできる!SDGs取り組み~夏の節水~


日本は「水資源」に恵まれた国と言われています。

それでも、夏は水道の使用量が増える傾向にあり、ときおり「水不足」のニュースを耳にします。

家庭での水道使用量を多い順に見てみると、以下のようになっています。

  1. 風呂
  2. トイレ
  3. 炊事
  4. 洗濯
  5. 洗面・その他

日常生活の少しの心がけで「節水」に気を付けることが大切です。

【目次】

  1. 節水の基本はこまめに止めること
  2. お風呂の水は有効に使う
  3. トイレの節水は?
  4. 炊事の時の節水

節水の基本はこまめに止めること

節水の基本は流しっぱなしをやめることです。

水を1分間流しっぱなしにすると、およそ12リットルの水が流れます。
歯磨きをするときに水を出しっぱなしにすると、30秒で約6リットル流れますが、コップを使えば約0.6リットルで済み、約5リットルの節水になります。レバーハンドルなど、水量を調整できる節水ハンドルもあります。

お風呂の水は有効に使う

一番多く水が使われている「風呂」は、残り湯を洗濯や掃除、ベランダなどへの打ち水として活用しましょう。

また、災害時に風呂の残り湯が役立つことから、浴槽に残り湯を次回入浴するまで貯めておく人が多いようです。
捨てるまでの間に、上手に活用してください。

夏は入浴ではなくシャワーの方もいると思います。
シャワー使用時は、シャワーで体を温めながら浴びると、水道のムダですので、こまめに止めましょう。
節水シャワーヘッドも出ていますが、シャワーヘッドの手元に止水機能が付いたものを選ぶと、こまめに水を止めることができます。

トイレの節水は?

トイレで一度に流す水の量は、1回あたり約6〜8Lとされています。

1日にトイレに4回(大1回、小3回)行く場合、トイレだけで26リットルも水を使っている事になります。こんなに使っているとは驚きです。

水の使用量が多い「トイレ」は、大と小を使い分けることを習慣にしましょう。そして1987~2001年のトイレと最新モデルのトイレとではおよそ11リットルの使用水量の差があります。

便器が20年以上前のものであり、在宅時間が長く使う家族が多い場合は、トイレ本体の交換も検討してみてはいかがでしょうか。

トイレ本体の交換が無理でも、たくさんのトイレ節水グッズが市販されています。

炊事の時の節水

3番目に水の使用量が多い「炊事」では、食洗機の利用がおすすめです。5人分相当の食器を手洗いすると約75リットル、食洗機を使うと約11リットルと、大きく節水することができます。

 トイレと同様、たくさんの節水グッズが市販されていますので、検討してはいかがでしょうか。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

「SDGs Action」では、日本の、そして世界の未来のために活動している人を社会全体で支援することを目指しています。
普段の仕事の中に社会的な意義を加え、働く日々に熱を与えませんか?

人々のアクションで世界をもっと豊かに。